So-net無料ブログ作成
検索選択

おもうこと [格闘技とか]

 シャラポワのドーピング問題を受けてUFCについて以前から思っていた事をつらつらと。100%妄想で証拠は何一つ無くフィクションの物語として見て頂ければと。

 UFCはスター選手にドーピング法を意図的にリークしていたんじゃないかと思うような場面が度々あります。最近だと点滴による水分補給法。初めは絶対王者のスター選手に、飽きられて来ると次代のスター候補選手にリークしてライバル選手として台頭させて盛り上げる。そして絶対王者が去ったら点滴による水分補給を違反ドーピングとして認定して更地の状態に戻す。そんな事が行われていたんじゃないかなと邪推する事があります。まぁ妄想なんですけど。でもUFCファンの方には言われてみれば思い当たるフシはあるんじゃないでしょうか。
 だからなんだって事もないんですけど新しい違法にならないドーピング方法をUFCが握ってんじゃねぇかなって、これまた妄想なんですけど,今また思ってたりします。

かめだいんたい [格闘技とか]

 河野に完敗の亀田興毅、引退へ。

 日本のリングを追放された以上は当然の帰結かなと。日本でお金を稼げていた頃よりも数段コンディションが落ちていて、充分な練習が出来ていない事は明らかでした。この分では弟達のボクシング人生もそう長くはないでしょう。
 この兄弟にはいくつか救われる選択肢があったかのように思いますが、最後まで親父の存在がそれを選ばせなかった事が悔やまれます。特に今回の試合でセコンドとして出てきた事で「この人はなんで日本を追われたか全く理解できていないんだな。」と確信できてしまいました。
 少なくとも、この親父が息子達の為に一歩引く思慮があれば別の形もあったんじゃないかなと。

 人によっていろんな見方はあると思いますが、私としては哀れむ感情が強いですかね。

めいうぇざー [格闘技とか]

 現役引退のメイウェザー。最後まで強いけどつまんなかった。

 ただメイウェザーの偉大な点はあの体格でウェルターどころかSウェルターのアルバレスさえ圧倒した点にあって、試合内容やKOに重きを置くのならSライトでやっていればファンが満足できるモノを提供できるだけの実力は充分以上に備えていたと思う。
 だったら「Sライトでやってればいいじゃん」ってなるけど、Sライトで無敵だったから「さっさと階級あげろや」とゆう声があったのもまた事実。うむ、人間の欲には限りがない(哲学)

 そして偉大なボクサーはあんまり惜しまれもしなく引退したわけで、こうして擁護してみた私自身でさえ「フロッチ引退撤回してくんねーかなー」とか思ってる始末でありました。

めい [格闘技とか]

世紀の一戦はメイウェザーがパッキャオに判定勝利で大ブーイング。
日本のメディアやネットではいろいろといわれているけれど、いつもどうりのメイウェザーでした。
判定に文句はないけど内容に文句はある。そんないつもどうりのメイウェザー。
(巷ではメイウェザーに攻撃力がないみたいな云われ方をする時がありますが、えげつない攻撃力を持っています。だからこそより文句が言いたいのです。)

以前から言ってる事なんだけれども、下がる選手に有利な環境を変えたいのならば、リング中央にいる時間の長い選手にリングゼネラルシップを高く採点すればいいんではないかと。
ボクシングでもMMAでも現状では下がる選手がポイントも取れて休憩も出来てとファイターにとって不利な状況が過ぎるんじゃないかと思う。

ごみだし [格闘技とか]

朝寝坊して3年ぶりくらい久しぶりにゴミ出しを失敗する。
別に来週出せばいいんだけど、何故だか強烈な挫折感。

ゴミ袋の中にある腐ったトマトの状態があまりにも怖すぎる。

かめだのしあい [格闘技とか]

 亀田VS河野戦が実現しない流れが予想外だったのだけれど、ラスベガスでの和毅の防衛戦をみて納得。

 オヤジがセコンドについてる。

 JBCに発言権を持つ人が亀田VS河野実現の為に動いていながらも実現しない理由。
 亀田親父が暴力団幹部と懇意なのは周知の事実。過去に苦い経験のあるJBCとしては暴力団関係者が業界に携わる事は天地が返っても認める事は出来ない。亀田問題を八百長判定とか露骨なマッチメイクとか思ってる人がいるけれども、事の核心はここにあるんじゃないかと。

 オヤジが首を突っ込んでいる以上、事態は好転しない。ボクサーとして素人級のオヤジがこれ以上関わっても兄弟に与えられるものは何も無い。それでもオヤジは足を引っ張り続ける。
 事ここに至っては兄弟側から三行半を叩きつける他にないが、果たして出来るのだろうか。


 亀田VS河野戦のタイムリミットは8月一杯と言われている。果たしてJBCの結論はどうなるか。大橋会長だって自分のジムのボクサーと亀田やらせる算段はついてると思うけれどもなー。

らうじー [格闘技とか]

珍しくUFCについて言及してみる。

・ワイドマン×リョート
 ワイドマンは絶対的な選手ではない事をリョートが証明した一戦。
 タックルとパワー差でワイドマンが押し切った形ながらも、全体的にはリョートが試合を主導していたように思える。3R以降、もっと左ミドルを多用していけばリョート勝利も有り得たかも。

 判定は基準どうりで不服はないんだけど、基準そのものがやはりテイクダウンに偏りすぎているのはどうにかして欲しい。せめてリカバーした場合はイーブンにするくらいの配慮は欲しいな。

・ラウジー
 電光石火の払い腰からの袈裟固めパンチでおっぱいぶるんぶるん。
女子バンタムの中では一人だけ体格が圧倒的。フライ級増やさないと他の選手はノーチャンス。

 ちなみに参戦が決定した中井りん。UFCのバンタムではかなり小柄。タイトルは無理としても、どれだけ上位に食い込めるかのチャレンジと捉えるべきか。
 そもそも女子バンタム級の設定体重が間違っているといえばそれまでなんだが。


 そんなカンジでミドル級以上では層の薄さが目立つUFC、PFP候補としてはD・ジョンソン、J・ヘンドリックス、A・ベティスの3人に絞って良い頃なのかなと思う昨今。今後の注目株としてはウェルター級のローリー・マクドナルドを挙げておきます。

きになった [格闘技とか]

 今週のエキサイトマッチ、メインがドネア×ベチェカのWBA世界フェザー級スーパー王者タイトルマッチでセミがダルチニアン×ウォータースのWBA世界フェザー級王者タイトルマッチだったんだけど・・

 なんつーか、同一興行でやるのはいろいろとアカラサマ過ぎるでしょ。やるにしても両試合の勝者に統一戦をやらせるようなアナウンスがないとコンプライアンスに欠けるんではないかと。

 統一戦の指名試合についてはもっと厳しくやらんとタイトルマッチが茶番になってまうよ。既に世界タイトルに価値のない時代にはなってはいるけどさ。

 試合は両試合とも派手で満足な内容だったから、どうでも良いっちゃあ、良いんだけど。

かめだのらいせんす [格闘技とか]

 亀田のライセンス問題は帝拳の本田会長が後見人として推薦する形で元協栄の大竹氏が亀田ジムの会長になる方向で話をまとめる方向。本田会長が出てきたって事はほぼ決まりでしょう。

 JBCもライセンスとゆう名の侘び料700万で手打ちの形。

 表面的には亀田が巧い事切り抜けたふうに見えるけれど、内実はまんまとJBCサイドの思惑どうりに嵌められた格好。ほんまにJBC及び関係者はヤリ口がリアルヤクザすぎるで。
 岩佐と次男か三男とのマッチが実現したら、まず推測に間違いはないと思う。

いおか [格闘技とか]

井岡がヌルっと判定負けしたのでボクシングについて。

 ・井岡×アムナット

 別に大した王者でもないのだけれどヌルっと負ける井岡。フットワークは出来てないわパンチにスピードもパワーも乗らないわ手数も出ないわ息が上がるわと、典型的な調整失敗。
 言っちゃあなんだけど階級上げて調整試合を挟まずに即世界挑戦は計画が杜撰過ぎる。
 長谷川穂積の例もあるけれど、この辺のマネジメントの失敗はジム側がその責任を重く受け止めなければならない。まぁ感じれるくらいならば日本ボクシング界のレベルはもっと上がってるはずなんだけれど。

 複数階級制覇だけがボクサーのステータスだとは思わないけれど、現状だとLフライの頃とは別人過ぎて、ちょっとSフライとかは考えられない。井岡株絶賛大暴落中。
 亀田が複数階級制覇してるから誰でもできるみたいな風潮あるけど、階級上げるって大変な事なんよ。