So-net無料ブログ作成

ふるさとのうぜい [政治とか]

 確定申告の時期が来ると話題になる「ふるさと納税」。

 自治体単位のミクロ的収支で見ると住民税収入が増える好機だけれど、国全体でのマクロ的収支で見ると贈答品費用と手数料の分だけ損失が残るアホ丸出しの政策。
 要は総務省の地方への予算分配機能が機能不全を起こしているから「予算が欲しいならふるさと納税でどうにかしなさいよ」って言い訳で責任を擦り付ける制度なんだけども、いかにも実務能力は皆無だが保身にかけては超一流の官僚組織を体現した愚策。

 青色申告者の私にしてみれば利点しかないから良いやって想いはあるんだけれど、それで日本経済の基盤が脆弱になるなら本末転倒もいいところなんだよなぁ。

コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

この世の時雨

東北の田舎にいる私は、ふるさと納税が若い世代のために使われることもなく、シニア世代のわがままに使われているように感じます。本当に必要なものや効率的なことに活用されることもなく、なんとなく消費して忘れ去られる。田舎の過疎化のスパイラルは、若者を呼び戻そうとする公人やシニアの実態の無い計画が虚しく空回りしているように感じます。私も局所に税金をまわしても「焼け石に水」どころか「溶岩に水滴」と感じるほどに効果がないと感じます。コメント内容がズレてしまいましたが、日本の今後を考慮するなら目の前に甘い汁を垂らすのではなく、目の前に苦い薬が必要かなと思います。役人のご都合主義は、あらゆるビジネスで負担になる(仕事の関係上振り回されてる私)。だいぶズレました。ホリエさんは、博識多才ですからもう少し、大雑把な私に優しい話題を((笑))
by この世の時雨 (2017-02-20 20:45) 

ホリエ

どうもホリエです。
日本全国津々浦々に議会のドンみたいなのがいて、その支援者達が利益に与るような政治体制が蔓延していてどうしようもないってのが地方行政の現状だと思います。しかも有権者にはいまだに「おらが村の有名人」を推す傾向が強く、長期的な展望や市民の利便性を求めても反映されにくいのが日本の選挙なのでこれはもう諦めるしかないですね。
しかしですね、この類の情報が世に溢れて「誰でも良かった」と言って無差別殺人に走るような輩の矛先がそっちに向かうのならばこの嘆きにも意味があると思うのですよ。無辜の市民が一人死なない(+1)代わりに竹中〇蔵が死ねば(+1)一人で+2点の働きになるってわけです。スラムダンク算。

博識って褒められたので頭良さげな事を書こうとしたらなんかおかしくなりました。もう寝ます。おやすみなさい。
by ホリエ (2017-02-26 00:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0